再生するタワゴト
演出家

藤井 ごう(ふじい ごう)

演出家・劇作家。R-vive主宰。
1974年生まれ。高瀬久男(文学座)に師事。
「人の心」に焦点をあてる繊細で緻密な側面を持ちながらも、独特のテンポと奔放さを兼ね備えた演出に定評があり、小劇場から新劇、ミュージカルとジャンルを選ばない。
メメントC「ダム」で平成26年度文化庁芸術祭優秀作品賞受賞。
また俳優養成所講師(スターダス・21、映像テクノアカデミア、松濤アクターズギムナジウムなど)や、プロレッスン、ワークショップコーチなど、その活動は多岐に渡る。
桜美林大学非常勤講師。
■今後の予定
2017年6月
サロン劇場「驟雨」「記念」作・岸田国士・森本薫 於・和敬塾 旧細川邸サロン
2017年9月
青年劇場「アトリエ」作・ジャン・クロード・グランベール 於・紀伊國屋ホール
2018年4月
新八会「マッチ売りの少女」作・別役実 於・スペース雑遊
2018年5月
Ring-Bong第8回公演 作・山谷典子 @座・高円寺
■旅公演、学校公演
2016年01月〜 親八会朗読劇『父と暮せば』作:井上ひさし 演出 千葉、他。
2016年06月〜 青年劇場『オールライト』学校公演、全国巡演
2016年11月〜 青年劇場『島』中国地方、東京、九州。
■主な演出
1996年12月
(大学4年時)「Pareidolia」作・演出 於:立教大学内ウイリアムズホール
2000年10月
VINプロデュース「十四歳の国」(作:宮沢章夫) 演出 於:西荻WENZスタジオ
2005年04月
山本かおりプロデュース‘めもりーず’「MEMORY~トウメイナオリ」演出 於:アドリブ小劇場
2005年06月
(有)スターダス・21カンパニー公演「KAN-KAN男」(作:佃典彦)演出 於:スターダス・21アトリエ
2005年08月
兵庫県社町子ども演劇広場「リトル・ターン2nd」(脚本:高瀬久男)演出 於:LOCホール
2005年09月
劇団コーロ「青い風の街角で」(作:坂口勉)演出 於:劇団コーロアトリエ
2006年02月
栃木県足利市「文化芸術による創造のまち支援事業」
演劇大学公演「胸騒ぎの放課後」(作:金杉忠男)演出 於:足利市民プラザ文化ホール
2006年08月
兵庫県加東市子ども演劇広場「リトル・ターン3rd」(脚本:高瀬久男)演出 於:LOCホール
2007年04月
青年劇場「修学旅行」(作:畑澤聖悟)演出 於:紀伊国屋ホール
2007年09月
俺たちがドラマだ!A面「夏のせいかしら」(作:柏木みどり)演出 於:中目黒ウッディシアター
2008年01月
新劇人会議ドラマリーディング「タバスコホステル」(作:原田征和)演出
2008年07月
青年劇場「修学旅行」(作:畑澤聖悟)演出 於:全労災スペースゼロ
2008年07月
朗読の会クレパス本公演「陰陽師」脚本 於:ザムザ阿佐ヶ谷
2008年08月
劇団コーロ「ハナシがちがう!」(原作:田中啓文)作・演出 於:一心寺シアター倶楽
2008年11月
ぷるどっく☆ケチャップ旗揚げ公演「約三十の嘘」(作:土田英生)演出 於:阿佐ヶ谷アルシェ
2008年12月
劇団コーロ「ハナシがちがう!」(原作:田中啓文)作・演出 於:ドーンセンター
2009年10月
青年劇場「修学旅行」(作:畑澤聖悟)演出 東北・関東・九州巡演
2009年10月
劇団コーロ「ハナシがちがう!」(原作:田中啓文)作・演出 全国巡演
2009年10月
劇団劇作家「劇読み vol.3」(「この花折るな」作:守夏代 「金の卵1960」作:三浦実夫)演出 於:TACCS1179
2010年03月
人形劇「のろまな半助」脚本演出 於・プーク人形劇場
2010年06月
スターダス・21カンパニー公演「Twelve Angry Woman」(12人の怒れる男より)
2010年09月
青年劇場第102回公演「島」作・堀田清美 演出・藤井ごう 於・紀伊國屋サザンシアター
2011年04月
「CALL ME HERO! 〜もう声なんかいらないと思った〜」演出 於・世田谷パブリックシアター
2011年09月
青年劇場「普天間」 作・坂手洋二/演出・藤井ごう 於:紀伊国屋ホール、他
2011年10月
桜美林大学OPAP47 「12人の怒れる女」 演出
2011年11月
村松英子×中山仁 サロン劇場「海をこえて」 演出
2012年02月
足利市民プラザ30周年企画「谷間の女たち」(作:アリエル・ドーフマン) 演出 於・文化ホール
2012年04月
チョコレートカンパニー「十二夜」(作:W・シェイクスピア) 演出 於・スペース雑遊
2012年11月
松濤アクターズギムナジウム俳優部「漢困想彩」構成・演出
2012年11月
村松英子×中山仁 サロン劇場「冬の怪談」(原作・夏目漱石・ラフカディオ・ハーン) 構成・演出
2012年12月
青年劇場「普天間」再演 於:俳優座劇場
2013年07月
メメントC+上演する会『太平洋食堂』作:嶽本あゆ美(新しい劇作家シリーズ)演出。於:座・高円寺
2013年08月
だるま座本公演『笑って死んでくれ』作:相馬杜宇(新しい劇作家シリーズ)演出。於:座・高円寺
2013年11月
村松英子サロン劇場語り芝居『冬の夢』原作:夏目漱石・室生犀星 構成・演出
2014年04月
ディ・ショコラーデ『ヴェニスの商人』作:W・シェイクスピア 演出 於:SPACE雑遊 演出
2014年04月
親八会『父と暮せば』朗読 作:井上ひさし 演出
2014年05月
燐光群アトリエの会『ブーツ・オン・ジ・アンダーグラウンド』作:清水弥生 演出 於:梅ヶ丘BOX
2014年06月
スターダス・21カンパニー『子供の時間』作:リリアン・ヘルマン 演出 於:阿佐ヶ谷アルシェ
2014年10月
メメントC『ダム』作:嶽本あゆ美 演出 於:シアターグリーンBigTree
2014年11月
村松英子サロン劇場語り芝居 演出
2014年12月
青年劇場『相貌』作:黒川陽子 演出 於:青年劇場スタジオ結
2015年04月
青年劇場が高校生とつくるってよ企画『裸電球に一番近い夏』作:古川健 演出 於:紀伊國屋サザンシアター
2015年05月
青年劇場『オールライト』 作:瀬戸山美咲 於:紀伊國屋サザンシアター
2015年07月
メメントC『太平洋食堂』 作:嶽本あゆ美
2015年10月
トップガールズと仲間たち『おかしな二人〜女性版〜』作:ニール・サイモン
2015年11月
サロン劇場『館の殺人2』作:村松英子 演出
2016年03月
燐光群『カムアウト2016←→1989』作:坂手洋二 演出。ザ・スズナリ
2016年04月
Ring-Bong『名も知らぬ遠き島より』作:山谷典子 演出。座・高円寺
2016年06月
熊本支援チャリティーリーディング『ダム』 演出 於・座・高円寺2
2016年09月
青年劇場『郡上の立百姓』作:こばやしひろし 演出。紀伊國屋ホール
2016年10月
椿組+親八会『海ゆかば水漬く屍』作:別役実 演出。スペース雑遊
2017年02月
Ring-Bong第7回公演『逢坂〜めぐりのめあて〜』 於・シアター711
他多数。
また、(有)スターダス・21俳優養成所講師・映像テクノアカデミア講師ほか、多くの養成所、学校、ワークショップで講師を務め、後進の指導、卒業公演の演出なども手がけている。
2004年02月
修了公演「10年後の思い出」作・演出
2005年07月
中間発表「会議」(作:別役実)演出
2007年03月
修了公演「ブルーアース」構成・演出 於:シアターサンモール
2007年07月
中間発表「とりあえず石川を待ってみる」構成・演出
2008年02月
修了公演「アイスクリームマン」(作:岩松了)演出
2008年03月
修了公演「銀河鉄道」構成・演出 於:シアターサンモール
2008年07月
(有)スターダス・21 「あの日あの時あの場所で」 (作:俳優クラス一同) 演出
2009年02月
修了公演 「御前会議」(作:平田オリザ)演出
2009年03月
修了公演 「ダイニング・ルーム」構成・演出 於:シアターサンモール
2009年07月
中間発表 「日常なんてこんなもんです」(作:俳優クラス)構成・演出
2010年02月
「萩家の三姉妹」作・永井愛
2010年03月
テクノ「嬉しい?悲しい」
2010年07月
「あったりなかったりねがったりかなったり」
2011年02月
スターダス・21養成所「河のほとり」 構成・演出:藤井ごう
2012年02月
「僕の時間の深呼吸」(台本:高泉淳子)演出
2013年02月
『三人姉妹』作:アントン・チェーホフ 演出
2013年07月
「S高原から」(作:平田オリザ) 演出
2013年11月
『冬物語』作:W・シェイクスピア 演出
2014年02月
『民衆の敵』作:ヘンリック・イプセン 演出
2014年03月
『お気に召すまま』作:W・シェイクスピア 演出
2014年07月
『カガクするココロ』作:平田オリザ 演出
2015年03月
『るつぼ』作:アーサー・ミラー
2015年07月
『北限の猿』作:平田オリザ
2015年09月
松濤アクターズギムナジウム声優科 『ミスタースランプ〜○日目の缶詰』構成・演出
2015年11月
『オセロー』作:W・シェイクスピア 演出
2016年02月
『かもめ』作:アントン・チェーホフ
2016年07月
『雪がふる』作:松田正隆 演出
他多数。
■演出助手等
2001年10月
正岡子規生誕100年祭「深き森、赤き鳥居のその下に」(作・演出:高瀬久男)演出助手 於:松山市民大ホール
2003年07月
俳優座プロデュース公演「伯爵夫人」(作:グレゴリー・マーフィー 訳:名和由里 演出:高瀬久男)演出助手 於:俳優座劇場
2006年1,5月
劇団道学先生「酒坊ちゃん」(作:中島敦彦 演出:青山勝)演出助手
2006年04月
東京スウィカ「皐月の天」(作・演出:比佐廉)
2006年12月
CATプロデュース「黄昏」(作:A・トンプソン 演出:高瀬久男 板垣恭一)演出助手 於:ル・テアトル銀座
2007年06月
非戦を選ぶ演劇人の会 「ピースリーディングvol.10」 舞台監督
2009年11月
「エンバース〜燃え尽きぬものら〜」(演出:板垣恭一)演出助手 於:俳優座劇場
2012年09月
桜美林大学OPAP51「エレクトラ」(作・ソフォクレス/演出:高瀬久男) 演出補
他多数。
■R-vive
2001年05月
R-vive企画其の一「YUGAMI ~閉ざされた空間の始まりの終わりと終わりの始まり~」
2001年12月
R-vive企画其の二「One-sixth ~偲ぶ為に僕らのできる事~」
2002年05月
R-vive企画其の三「A Secret Society ~十年後の思い出~」
2002年12月
R-vive企画其の四「Will you dance? ~空の見える窓辺~」
2003年05月
R-vive企画其の五「Behind the scenes ~雨フル町ノ童話~」
2003年12月
R-vive企画其の六「Wonderful World ~誰が為に陽は昇る~」
2004年05月
R-vive企画其の七「to be a bird」
2005年10月
R-vive企画其の八+スターダス・21「10年後の思い出/15年後の思い出」
2006年06月
R-vive企画其の九「雨フル町ノ童話06」
2007年06月
R-vive企画其の十「風待チ」
2008年05月
R-vive企画其の十一「誰ガ為ニ陽ハ昇ル」
立教大学内 劇団テアトル・ジュンヌ にて演劇活動を開始。
1997年、文学座附属演劇研究所入所
2000年、同研修科卒業。その後、演出活動を開始。また、高瀬久男氏(文学座)の演出助手としても活動を開始する。
2001年5月に、R-viveを旗揚げ、現在まで全公演の作、演出を手がける。
「Behind the Scenes」はテアトロ新人戯曲賞最終候補(四作品)
平成26年度文化庁芸術祭優秀作品賞受賞
Copyright © 2009 R-vive All Right Reserved.